AGAに悩んでいるなら専門病院へ行くのが賢明

様々な育毛と発毛方法

男性

種類と特徴

AGAは20代から始まる男性の脱毛症の1つです。原因は頭皮に存在する5α還元酵素が体内の男性ホルモンを脱毛促進ホルモンに変化させてしまうためです。東京のAGA専門医がいる病院では5α還元酵素の働きを抑える内服薬と頭部の血行を改善する外用薬で治療を行います。外用薬は血管拡張効果があるミノキシジルが配合されており、頭部の血流不良が改善され育毛や発毛しやすい状態になるのです。近年、販売されている育毛剤の中には、酵素や男性ホルモンの働きを抑える効果があるものやミノキシジル配合の商品が販売されています。抜け毛が気になるときはこれらの商品でセルフケアしてみるのも良いでしょう。また、サプリメントではイソフラボンや亜鉛が育毛を助ける効果、ビタミンEは頭部の血流を改善する効果があります。また、L-リジンやノコギリヤシの成分はホルモンバランスを整える働きがありAGAを予防します。AGAクリニックでの内服薬や外用薬で症状が改善されない場合は東京で発毛再生医療を受ける方法もあります。発毛再生医療は東京の病院によっては毛髪再生メソセラピーやHARG療法などの名前で呼ばれていますが基本的には同じ治療方法です。この治療は毛髪を構成している幹細胞から150種類以上の成長因子を取り出して薄毛部位に直接注入するものです。成長因子は、毛を作りだす毛包を刺激して発毛を促します。成長因子の中には育毛に必要な栄養素も配合されており、これらのW効果によって東京のAGAクリニックでは発毛と育毛効果を上げています。