AGAに悩んでいるなら専門病院へ行くのが賢明

発毛治療の種類と効果

薄毛の頭部

脱毛を予防して発毛させる

AGAは男性ホルモンの影響受けて発症する脱毛症で、症状を改善するには東京のクリニックでの治療が必要です。東京のクリニックでは脱毛の進行をおさえることと発毛や育毛効果を目的に治療が行われています。脱毛の進行を抑える治療にはプロペシアやザガーロなどの飲み薬が使われます。どちらも脱毛の進行をおさえる効果がありますが、ザガーロには脱毛予防と発毛効果もあります。東京のクリニックではAGAの症状が軽度の場合はプロペシア、重症の場合はザガーロといった使い分けをしています。毛髪再生医療を行っている東京の薄毛治療クリニックでは、幹細胞を利用した施術で発毛と育毛効果を上げています。AGAが進行している頭皮の毛母細胞は不活性化しており発毛や育毛の働きができない状態です。幹細胞から採取した成長因子が毛母細胞を活性化させ発毛や育毛を促します。この治療と並行してプロペシアなどのAGA治療薬を飲むことでさらに効果が高まります。2つの治療を並行するときは医師の指示がありますから指示に従うようにしましょう。これらの治療を行っても満足な効果が得られない、体調の関係で薬が飲めないという方には植毛で発毛治療を行います。植毛はAGA専門医が行う外科治療にあたるため、病院の発毛外来や皮膚科では植毛治療を行っていません。東京のAGA専門クリニックではメスや医療用の吸引器使用して患者自身の毛髪を移植させ発毛させています。移植した毛髪が定着すれば自然に発毛してくるのでメンテナンスの必要もありません。